育毛剤とは

一般的に、髪の毛をケアするアイテムには「養毛剤」「発毛材」「育毛剤」の3種類があります。 その中で「養毛剤」は、今生えている髪の毛を守り、脱毛を抑えるもの、「発毛剤」は新しい毛髪が生えてくるための補助をする目的のもの、そして「育毛剤」は脱毛の原因を抑えることと、今生えている髪の毛の成長を促す目的で使用する医薬品(医薬部外品)または薬剤のことを指します。育毛剤の一番のメリットは「手軽に購入できて手軽に使用できる」ことであると言えます。価格も比較的リーズナブルで、ほぼすべての商品を街のドラッグストアなどで見つけることが可能です。 育毛剤に含まれる成分で有効とされているものには、塩化カルプロニウム、ビタミンEなどの血行促進成分、6‐ベンジルアデニン、ペンタデカン酸グリセリド等の栄養補給および毛細胞を活性化させる成分、グリチルリチンなどの炎症を抑えて頭皮を健康にする成分などがよく知られています。また最近では一般用医薬品としてミノキシジル、また医薬部外品としてt‐フラバノンやアデノシンといった、遺伝子研究などの進歩によって新しく開発され商品化に至った成分も登場してきています。また、男性ホルモンの代謝に作用するフィナステリドという成分は、サプリメントタイプの育毛剤として発売されています。 一概には言えませんが、育毛剤は35〜60歳くらいの中高年向けの商品で、特に頭頂部の脱毛に効果的であると考えられています。若い人の場合はどちらかというと頭皮などではなく、生活習慣などに問題があるようで、そのため20〜30代前半の若い人が使用してもあまり効果がないと言われています。 ここでもう一度確認ですが、育毛剤とは新しい毛髪が生えてくるのを補助するものではなく、頭皮を保護し、脱毛を抑制することが目的の商品です。つまり、育毛剤を使ってもすぐに髪の毛が増えてくるというものではなく、すぐに抜け毛や薄毛に効果が実感できるとは限らないものなのです。しかしなかなか効果が実感できないからといって1〜2ヶ月で諦めてしまうのは、非常にもったいないことです。人によっては半年以上続けて初めて効果が実感できたと語る人もいますので、粘り強く気長に育毛に取り組むことが大切なのです。また、なかなか結果が出ないからと焦ってしまうことは絶対禁物です。抜け毛の進行度合いはストレスによって大きく影響されるとも言われています。育毛を行うこと自体が頭髪にダメージを与えてしまうようなことが起きては本末転倒ですので、焦らずに気持ちにゆとりを持って育毛を続けて行きましょう。女性用育毛剤.jp

育毛剤は大きく分類して4種類のタイプに分けることができます。 それぞれ「男性ホルモン抑制型」「毛母細胞活性化型」「頭皮血行促進型」「毛根栄養補給型」となりますが、同じように抜け毛や薄毛にも「毛髪の成長が休止している状態」「脱毛が激しい状態」「新しい毛髪が生えてきている状態」など、人によっていろいろなタイプがあります。育毛剤は自分のタイプに合わせたものを育毛剤ランキングから選び、それぞれの機能に併せて使用しなければ、思うような効果を発揮しない場合がありますので注意しなければなりません。 また、効果的に育毛剤を使うにもいくつかの注意点があります。 まず、頭皮をきれいに保ち、頭皮マッサージを行います。いくら高価な育毛剤を使っても、毛穴が詰まっていると有効成分が浸透しません。また頭皮が硬い状態では育毛剤の効果が十分に得られませんので、シャンプーの時に毛穴までしっかり洗い、ついでに頭皮マッサージを行いましょう。その後、毛穴が開いていて頭皮の血行が良い状態の間に、育毛剤を少量ずつ付けながらマッサージをするとより効果的です。 育毛剤は一度に大量につけても効果が大きくなるわけではありません。それよりも少量ずつ何度もつけた方が効果が大きいと言われています。また自分の毛髪や頭皮に育毛剤が合っているか合っていないかは、実際に使ってみないとわかりません。まずはできるだけ少ない容量のものを買ってみて、合わないようであれば惜しまず買い換えることをお勧めします。

育毛剤が効かないと感じる場合、ひょっとすると間違った使い方をしている場合がありますので、もう一度正しく使っているかを確認してみましょう。 まず前項でも述べた通り、育毛剤は頭皮がきれいな状態で使用しなければ、効果が薄れてしまいます。一番頭皮がきれいなのは洗髪直後ですので、このタイミングを逃さず育毛剤をつけましょう。ただし、使用している育毛剤が水溶性のものである場合には、毛髪が濡れた状態では有効成分が薄れてしまう場合がありますので、ドライヤーなどで毛髪を乾かしてから使用する方がいいでしょう。そして育毛剤をつけながら頭皮のマッサージを行うのですが、その際に頭皮を傷つけないよう、ゆっくり優しく丹念にマッサージを行ってください。 また、食事による栄養の偏りや、不規則な生活なども頭皮にストレスを与えることがありますので、出来るだけ規則正しい生活をし、良質なタンパク質とミネラル、ビタミンなどを上手に摂るように心がけましょう。また、内臓疾患などが原因で育毛剤の効果が現れないというケースもあるようです。いずれにしても健康に十分注意することが、ひいては毛髪の健康を守ることにもつながるのです。そして極力ストレスを抱え込まないよう注意することも重要です。ストレスと抜け毛は密接な関係にあると言われていますので、いくら高価な育毛剤を使っても、生活環境が悪いとその効果が現れてこない確立は高いのです。 そして、育毛剤の効果は3〜6ヶ月程度継続して使用しないと現れてこない場合が多いと言われています。気持ちをゆったり持って使い続けることが大事なのです。

育毛剤を使っていて一番気になるのが、いつどのような効果が時間できるのだろうか?ということでしょう。 前項で述べた通り、効果が現れるのには最低でも3〜6ヶ月程度はかかるものと思ってください。個人差はありますが、その頃から毛髪にハリ・コシが出てきたと感じる時が来ることでしょう。それが最初の実感です。それまでペタッとしていた毛髪が、心なしか立ち上がりが良くなってきたと感じるでしょう。 この頃になると、育毛剤と頭皮マッサージの効果から、頭皮の血行が良くなり「毛周期」が正常なサイクルに戻ってきます。もちろん新しい毛髪が生えてくれば、古い毛髪は抜けていきます。しかし新しく生えてくる毛髪の方が、太くて強いので、次第に毛髪全体がボリュームアップしてきたような気がしてくるでしょう。 しかし、毛髪は生えては抜け、抜けては生えの繰り返しです。毛母細胞の活動が活発になってきて、新しい太く強い毛髪が生えてきていても、全体的に見ると一進一退の状態に見えるものです。また季節によっても抜け毛が多くなる時期があります。ここで焦って無駄なストレスを溜め込んでしまわないよう、気持ちをゆったり持って、規則正しい生活と育毛に取り組んで行きましょう。 また、自分では毛髪の変化に気づきにくいものです。家族や恋人などを巻き込んで、他人から毛髪の変化について評価をもらうのもいいかもしれません。ただし絶対的に自分の味方をしてくれる人だけに限るようにした方がいいでしょう。

育毛剤には、「ミノキシジル」もしくは「塩化カルプロニウム」という薬用成分が含まれていることが多いのですが、この二つの成分には血圧を下げる効果があります。これによって、まれにめまいや吐き気、頭痛、手足の痺れ感などの副作用を引き起こす場合があります。 また、抗アンドロゲン薬であるフェナステリド(日本ではプロペシアと呼ばれる場合が多い)には、胃の不快感の他にも性欲の低下、精子数の減少、勃起不全などの性機能障害を起こす場合があると言われています。また「ミノキシジル」には、我慢できないほどの頭皮のかゆみを引き起こす場合があり、その他にも、動悸、胸痛、頭痛、むくみ、手足の痺れ、また血圧の低下などの副作用を招く場合があります。 万が一、育毛剤をつけたことによって体調が悪くなったと感じた際には、速やかに使用を止め、医師にかかることをお勧めいたします。 また育毛サプリメントを服用する場合に注意しなければならないのが「過剰摂取」です。本来栄養補助食品ですので、分量さえ守っていれば副作用の心配はないものがほとんどですが、必要以上に大量摂取してしまうと副作用を引き起こす場合がありますので注意してください。 例えばカプサイシンを含むサプリメントを大量に摂取すると胃が荒れたり、イソフラボンを含むサプリメントを大量摂取すると甲状腺機能を低下させる可能性があります。またDHA(ドコサヘキサエン酸)を大量摂取すると、吐き気や軟便などの症状が現れる場合があると言われています。必要量以上のサプリメントを飲んでも効果がアップするわけではありませんので、分量を守って服用するように注意しましょう。